関西学院大学体育会学生本部編集部 関学スポーツは試合速報、号外、企画などで体育会42部の活躍を伝えます

アイスホッケー部

ストレート負けを喫し、勝ち点獲得ならず

2024-06-08

6月8日、関西大学東体育館にて第47回総合関関戦が行われた。
MB仲村(教1)のバックアタックで先制点を挙げた関学。そして、OH辻(人3)、OH渡里(総2)が立て続けにサービスエースを決めた。流れをつかんだかと思いきや、関大も反撃。連続失点を許し、一気に突き放された。終盤には相手のブロックに苦しめられ、なかなか攻撃を決め切れず。17-25で最初のセットを落とした。メンバーを大きく変え、臨んだ第2セット。OP遠藤(社1)を中心に得点を重ね、一歩リードする。先にセットポイントを獲得したものの、最後にミスが生じ26-28。惜しくもこのセットを奪われた。第3セットでも、勢いを取り戻せず。ミスが連発し、点差を広げられた。ここでOH黒田(人4)やL村上(法4)など、上級生が奮闘。だが、追い上げは敵わず。15-25で黒星となり、関関戦の勝ち点を逃した。

試合後のコメント
L村上敦哉主将「完敗となってしまったが、様々な選手が試合に出場することができた。良かったところもあれば、課題も多く見つかったと思う。第2セットでは、S瀧川(教2)がしっかり役目を果たしてくれた。(西日本インカレへの意気込み)授業などでメンバーが欠けたとしても、しっかり勝ち切っていきたい」

 

 

<写真・スパイクを打つ辻>

アイスホッケー部記事一覧